コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬芥子 イヌガラシ

デジタル大辞泉の解説

いぬ‐がらし【犬芥子】

アブラナ科の多年草道端やあぜに生え、高さ30~40センチ。多くの枝に分かれ、葉は長楕円形で縁にぎざぎざがある。春から夏、黄色い小花を総状につけ、線形の実がなる。あぜだいこん。のがらし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

犬芥子 (イヌガラシ)

植物。アブラナ科の多年草。オオバタネツケバナの別称

犬芥子 (イヌガラシ)

学名:Rorippa indica
植物。アブラナ科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報