犬薄荷(読み)イヌハッカ

デジタル大辞泉の解説

いぬ‐はっか〔‐ハクカ〕【犬薄荷】

シソ科の多年草。高さ50~100センチで、角柱形の茎は白い毛におおわれる。葉は心臓形で鋸歯(きょし)があり、香りがよいためハーブとして使用される。猫に与えるとマタタビのような効果をもたらすため、キャットニップ(猫の噛むもの)とも呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

犬薄荷 (イヌハッカ)

植物。キャットニップの和名

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android