コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木天蓼 マタタビ

2件 の用語解説(木天蓼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

またたび【木蓼】

マタタビ科の落葉性の蔓植物(つるしょくぶつ)。山地に自生。葉は広卵形で互生し、上部についた葉は白変する。夏、梅に似た白い花を下向きにつけ、なつうめともいう。実は長楕円形で先がとがり、黄色に熟す。実を塩漬けや果実酒に用い、漢方では実の虫こぶを鎮痛薬にする。また、猫が好み、特有の興奮をもたらすマタタビラクトンを含有。同じ科にはサルナシキウイフルーツなども含まれる。 花=夏 実=秋》「―や花散る岩のたまり水/麦南」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

またたび【木天蓼】

マタタビ科のつる性落葉木本。山中に自生。広卵形の葉を互生、花期には枝先の葉が白変する。夏、ウメに似た白花を開く。液果は狭卵形で先がとがり、黄色に熟して食べられる。虫こぶのある実は薬用にする。茎・葉・実とも猫類の好物。夏梅。 [季] 夏。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone