コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木天蓼 マタタビ

デジタル大辞泉の解説

またたび【木蓼】

マタタビ科の落葉性の蔓植物(つるしょくぶつ)。山地に自生。葉は広卵形互生し、上部についた葉は白変する。夏、梅に似た白い花を下向きにつけ、なつうめともいう。実は長楕円形で先がとがり、黄色に熟す。実を塩漬けや果実酒に用い、漢方では実の虫こぶを鎮痛薬にする。また、猫が好み、特有の興奮をもたらすマタタビラクトンを含有。同じ科にはサルナシキウイフルーツなども含まれる。 花=夏 実=秋》「―や花散る岩のたまり水/麦南」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

またたび【木天蓼】

マタタビ科のつる性落葉木本。山中に自生。広卵形の葉を互生、花期には枝先の葉が白変する。夏、ウメに似た白花を開く。液果は狭卵形で先がとがり、黄色に熟して食べられる。虫こぶのある実は薬用にする。茎・葉・実とも猫類の好物。夏梅。 [季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

木天蓼 (マタタビ・キマタタビ)

学名:Actinidia polygama
植物。サルナシ科の落葉つる植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

木天蓼の関連キーワードマタタビ科花期白花夏梅

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android