犬骨折って鷹の餌食(読み)いぬぼねおってたかのえじき

  • =鷹(たか)にとられる・鷹(たか)の功名(こうみょう)
  • いぬぼね
  • 折(お)って=鷹(たか)の餌食(えじき)
  • 犬骨

精選版 日本国語大辞典の解説

※浄瑠璃・源氏大草紙(1770)三「又先達(さきだっ)て義経が小忰(こせがれ)、犬骨(イヌボネ)折て鷹の餌食と、貴殿の方へ奪取(うばひとり)ながら、我館(やかた)に隠(かくま)ひ置く条」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android