コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴殿 キデン

デジタル大辞泉の解説

き‐でん【貴殿】

[代]二人称の人代名詞。男性が目上または同等の男性に対して用いる。あなた。「貴殿の御尽力の賜物と感謝しています」
[補説]もと、目上の相手への敬称として用いたが、のちに、同輩に対する親愛の気持ちを表す語としても用いるようになった。現代では多く手紙や文書で用いる。
[名]相手を敬って、その住宅をいう語。貴宅。
「六波羅の―へも参ずべし」〈盛衰記・一〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きでん【貴殿】

( 名 )
相手を敬って、その住居などを呼ぶ語。 「六波羅の-へも参ずべし/盛衰記 10
( 代 )
二人称。男性が目上や同輩の男性に対して用いる語。手紙・文書などにも用いられる。あなた。 「 -の御意見を伺いたく存じます」 〔近世前期までは、武家が目上の相手を尊敬して呼ぶ語として用いられた〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

貴殿の関連キーワード伝・傳・殿・澱・田・電ベルニオー人代名詞おてて武士詞情け所貴様御分貴辺縕袍目上愚殿御辺足下庇恵殿

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貴殿の関連情報