コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

状況倫理 じょうきょうりんりSituationsethik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

状況倫理
じょうきょうりんり
Situationsethik

神の意志本性に基づく一般原理から個々の場合へと演繹されうるとするいわば本質論的な倫理に対して,いまここにおける具体的,実存的な状況からこそ神の意志は知られ,この人格的な神の呼びかけに成人としての責任をもって,原理や目的によるものではなく主体的にこたえて生きようとする倫理的な立場。神の受肉による世俗の積極的肯定と個人の尊重が根底にあるが,現状をそのまま安易に肯定する危険がある。主としてプロテスタントの間で J.フレッチャーや P.レーマンなどによって提唱され,カトリックでは 1952年の教皇ピオ 12世の否定以来公的には禁止されているが,個人としてこれに近い立場をとる神学者はいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

状況倫理の関連キーワードキリスト教神学看護倫理倫理学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

状況倫理の関連情報