狩野探美(読み)かのう たんび

美術人名辞典の解説

狩野探美

狩野派の画家。鍛冶橋狩野家十代。名は守貴。探淵の次男。明治維新後、海軍操練所製図御用に出仕、また皇居造営の絵画御用を命じられる。絵画共進会審査員・全国宝物取調局鑑査掛等を務めた。明治26年(1893)歿、54才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野探美 かのう-たんび

1840-1893 明治時代の日本画家。
天保(てんぽう)11年2月生まれ。狩野探淵の子。明治3年(1870)海軍操練所製図所につとめる。15年第1回内国絵画共進会に「嫦娥図」などを出品して銀印を受賞した。明治26年6月19日死去。54歳。名は守貴。作品はほかに「祇王祇女図」「山水」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android