狩野梅栄(読み)かのう ばいえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野梅栄 かのう-ばいえい

1642-1700 江戸時代前期の画家。
寛永19年生まれ。狩野春雪の長男。病身のため弟春笑に山下狩野家の家督をゆずり,分家して深川水場狩野家をおこす。幕府の表絵師となった。元禄(げんろく)13年2月11日死去。59歳。名は知信。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android