コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独修 ドクシュウ

デジタル大辞泉の解説

どく‐しゅう〔‐シウ〕【独修】

[名](スル)先生につかないで、自分ひとりで修得すること。「独修した技術

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どくしゅう【独修】

( 名 ) スル
先生につかず、自分一人で修得すること。 「ロシア語を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

独修の関連キーワードベネディクトゥス(6世紀の聖人)デーベライナー大和田建樹吉野 秀雄五姓田芳柳帆足万里福沢諭吉石井真木村上英俊柱頭行者訓谷沢水高田竹山ロシア語尾形月耕小川芋銭山田伴山伊勢門水タレガ高芙蓉

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android