独参湯(読み)どくじんとう

精選版 日本国語大辞典「独参湯」の解説

どくじん‐とう ‥タウ【独参湯】

〘名〙
人参一種からなる漢方処方吐血下血に用いる強精補血薬。ろくじんとう。
※女重宝記(元祿五年)(1692)三「かねて人を用意すべし。〈〉にわかにはせんずる間なきによって、まへかたに煎じおくべし。これを独参(ドクジンタウ)といふ」
歌舞伎で、いつ上演してもよく当たる狂言。不入りの際の切り札として起用される狂言。ふつう、「仮名手本忠臣蔵」をさす。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の独参湯の言及

【赤穂浪士】より

…竹田出雲,並木千柳,三好松洛の合作による《仮名手本忠臣蔵》である。この作品は,芝居の独参湯(どくじんとう)と呼ばれ,不入りのときでも《忠臣蔵》を出せば,必ずもちなおすといわれるほど民衆に愛される演劇となっていった。この作品が初演されて以来,江戸時代では,わずか数年をのぞいて毎年上演され,大ヒットを続けたのである。…

※「独参湯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android