女重宝記(読み)おんなちょうほうき

大辞林 第三版の解説

おんなちょうほうき【女重宝記】

女子の教訓書。五巻。苗村丈伯著。1692年刊。女性の作法・心得や学ぶべき諸芸・言葉遣いが絵入りで説かれている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

女重宝記
おんなちょうほうき

江戸中期に婦女子の啓蒙(けいもう)教化、実用日益を主として刊行された書物。近世初期の民衆文化の向上に伴い、仮名草子(かなぞうし)などとともに発生した。そのおもなものは、1692年(元禄5)艸田寸木子(くさだすんぼくし)著『女重宝記』、1702年(元禄15)に『新板増補女重宝記』、1711年(正徳1)に『女重宝大成』、またそのころに西川祐信(すけのぶ)著並画『女重宝記』、1847年(弘化4)に、高井蘭山(らんざん)著『絵入日用女重宝記』などが刊行されている。これらの書はいずれも世の推移につれ流行を追い、補足訂正されていったもので、『絵入日用女重宝記』には、一之巻に女風俗の評判、言葉遣い、化粧、衣服のこと、二之巻に祝言に関すること、三之巻は懐妊中の心得、四之巻には女の学ぶべき諸芸(手習い、和歌、箏(そう)、かるた、聞香(ぶんこう)など)、五之巻には女節用字尽くし、女用器財、衣服、絹布、染色の諸名などが載せられている。[北條明直]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おんなちょうほうき をんなチョウホウキ【女重宝記】

江戸前期の女訓書。五巻五冊。苗村丈伯著。元祿五年(一六九二)刊。当時の女性が身につけるべき知識、教養を列挙、解説した書。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android