コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狭穂彦 さほひこ

2件 の用語解説(狭穂彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狭穂彦 さほひこ

記・紀にみえる開化天皇の孫。
彦坐王(ひこいますのおう)の子。垂仁天皇の皇后である妹の狭穂姫(さほひめ)に,天皇殺害を命じ天下をとろうとするが妹は実行できず,逆に天皇に攻められる。稲城(いなぎ)をきずき応戦したがおよばず,妹とともに火中に没したという。「古事記」では沙本毘古。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

狭穂彦

『古事記』『日本書紀』によれば,垂仁天皇への反乱伝承を持つ人物。父は開化天皇皇子の日子坐王。『古事記』には沙本毘古と記される。母は沙本之大闇見戸売(沙本は奈良市法蓮町周辺の地)。皇位簒奪を企て,垂仁天皇の后となっていた妹の狭穂姫に天皇を殺すようにそそのかす。狭穂姫は一度は承諾するが,天皇への情愛のためこれを果たせず,謀反は露見する。狭穂彦は砦にたてこもり朝廷の征討軍と戦うが,やがて妹と共に死ぬ。妹を謀反に加担させるとき,狭穂彦は兄妹ふたりで支配権を握ろうと誘う。これは兄妹(または姉弟)で支配するヒコヒメ制の政治形態に基づいたものと考えられ狭穂彦はヒコヒメ制の復権を企て,そしてこれに殉じた者ともいえる。<参考文献>山崎正之「叛乱物語の一位相」(土井清民編『古事記・王権と語り』)

(寺田恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狭穂彦の関連キーワード仲哀天皇神武東征伝説磐衝別命苅幡戸辺埴安媛日葉酢媛命倭彦命

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone