コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲城 いなき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲城
いなき

稲を積んで造る柵の意という。『古事記垂仁天皇,『日本書紀』垂仁天皇5年の条,雄略天皇 14年の条,崇峻天皇即位前の条などにみえる。を積んで諸事態にそなえた砦とも考えられる。稲置 (いなぎ) との関係は不明。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いな‐き【稲城】

《「いなぎ」とも》
古代、家の周囲に稲を積み上げて敵の矢を防ぐ備えとしたもの。
稲束を貯蔵する小屋。 秋》

いなぎ【稲城】

東京都中南部、多摩川沿岸の市。ナシ産地。住宅地化が進む。人口8.5万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

稲城

東京都稲城市で生産される早生の赤ナシ。600グラム以上の大玉になるものもある。果肉は柔らかで糖度が高い。稲城市東長沼の生産者、進藤益延氏が「新高」と「八雲」の交配により作出。「稲城の梨」は地域団体商標。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

いなぎ【稲城】

〔「いなき」とも〕
古代、家の周囲に稲を積み上げて、敵の矢や石を防ぐ防壁としたもの。
稲の束を貯蔵する小屋。

いなぎ【稲城】

東京都南部、多摩川中流南岸の市。ナシの産地として知られる。近年、丘陵部の宅地化が著しい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

稲城の関連キーワードライブ・アンダー・ザ・スカイオープンシアターEAST火工廠多摩火薬製造所介護支援ボランティア東京都稲城市矢野口東京都稲城市東長沼東京都稲城市向陽台東京都稲城市若葉台多摩ニュータウン東京都稲城市大丸東京都稲城市百村東京都稲城市押立東京都稲城市長峰ワイ・デー・ケー東京都稲城市坂浜東京都稲城市平尾よみうりランド日本図書館協会日本フイルコン稲城なしのすけ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲城の関連情報