コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猗頓 いとん Yi-dun; I-tun

3件 の用語解説(猗頓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猗頓
いとん
Yi-dun; I-tun

中国,春秋時代末期頃の富豪。河東 (山西省) の地で製塩業に従事し,巨万の富を得たという。後世「陶朱猗頓」と連称して大富豪の形容として使用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

い‐とん【猗頓】

中国、春秋時代の大富豪。魯(ろ)の人。牛・羊を飼育し、製塩業を興して財を成したといわれる。生没年未詳。→陶朱(とうしゅ)猗頓の富

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いとん【猗頓】

中国、春秋時代末の富豪。陶朱公(范蠡はんれい)に教えられて牧畜や製塩を行い、王者に劣らない巨万の富を蓄積したという。生没年未詳。 → 陶朱猗頓の富
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猗頓の関連キーワードヒルト華夷チャイナ中文唐画中華街中国銀聯中国茶の日中国醤油孔子学院

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone