猗頓(読み)いとん

精選版 日本国語大辞典「猗頓」の解説

いとん【猗頓】

中国春秋時代または戦国時代の大富豪河東で製塩業を営んだと伝えられる。一説にはの貧窮の士であったが、陶朱公(范蠡(はんれい))に教えられて西河に牛羊を牧畜し、を築いたという。生没年不詳。転じて、富裕なことをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「猗頓」の解説

猗頓
いとん
Yi-dun; I-tun

中国,春秋時代末期頃の富豪。河東 (山西省) の地で製塩業に従事し,巨万の富を得たという。後世「陶朱猗頓」と連称して大富豪の形容として使用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「猗頓」の解説

い‐とん【猗頓】

中国、春秋時代の大富豪。の人。牛・羊を飼育し、製塩業を興して財を成したといわれる。生没年未詳。→陶朱とうしゅ猗頓の富

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android