コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猗頓 いとんYi-dun; I-tun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猗頓
いとん
Yi-dun; I-tun

中国,春秋時代末期頃の富豪。河東 (山西省) の地で製塩業に従事し,巨万の富を得たという。後世陶朱猗頓」と連称して大富豪の形容として使用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

い‐とん【猗頓】

中国、春秋時代の大富豪。魯(ろ)の人。牛・羊を飼育し、製塩業を興して財を成したといわれる。生没年未詳。→陶朱(とうしゅ)猗頓の富

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いとん【猗頓】

中国、春秋時代末の富豪。陶朱公(范蠡はんれい)に教えられて牧畜や製塩を行い、王者に劣らない巨万の富を蓄積したという。生没年未詳。 → 陶朱猗頓の富
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

猗頓の関連キーワード陶朱猗頓の富范蠡財神塩商

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android