猗頓(読み)いとん

精選版 日本国語大辞典「猗頓」の解説

いとん【猗頓】

中国春秋時代または戦国時代の大富豪河東で製塩業を営んだと伝えられる。一説にはの貧窮の士であったが、陶朱公(范蠡(はんれい))に教えられて西河に牛羊を牧畜し、を築いたという。生没年不詳。転じて、富裕なことをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android