コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

范蠡 はんれいFan Li

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

范蠡
はんれい
Fan Li

中国,春秋時代末期の政治家,財政家勾践 (こうせん) に仕え,越が呉王夫差に敗北したあとの再建に努力し,ついに夫差 23 (前 473) 年に呉を破って「会稽の恥」をそそぎ,勾践を五覇の一人にさせた。のち勾践を嫌って一族とに移り,鴟夷子皮 (しいしひ) と名のり,大富豪となった。やがて斉の宰相となったが,まもなく去って陶 (山東省) に移り,陶朱公と称し巨万の富を得たと伝えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

范蠡【はんれい】

中国,春秋時代末期(前5世紀)の越王句践(こうせん)の忠臣。句践をたすけて呉王夫差(ふさ)を滅ぼし,会稽の恥をそそぐ。のち越を去って斉にいき,鴟夷子皮(しいしひ)と称して巨万の富を得る。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はんれい【范蠡 Fàn Lǐ】

中国,春秋時代の越王句践(こうせん)の忠臣。生没年不詳。句践を助けて呉を討ち会稽の恥をそそいだが,越が下に覇をとなえると句践のもとを去り,海路斉に行った。彼はここで鴟夷子皮(しいしひ)と号し数千万の財をたくわえて斉の宰相となったが,散財して今度は交易の要地である陶(とう)(山東省定陶県)に行って朱公と称し,再び巨万の富を得た。しかし今度もまた,すべて貧者に分け与えてしまったという。いわば中国商人の元祖であるが,これら《史記》に見える彼の事跡には多分に後世の作為があり,伝説の域を脱しない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はんれい【范蠡】

中国、春秋時代の越の功臣。別名、陶朱。呉王夫差ふさと戦って敗れた越王勾践こうせんを助け、国力を養い夫差を討った。のち山東に住み巨万の富を築いた。生没年未詳。 → 陶朱とうしゆ猗頓いとんの富とみ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

范蠡
はんれい

生没年不詳。中国、春秋時代末期の越(えつ)の大夫(たいふ)。楚(そ)の三戸(さんこ)の人と伝えられる。大夫種(しょう)(文種(ぶんしょう))とともに越に入り、勾践(こうせん)に仕えて重用された。紀元前494年、呉(ご)王の夫差に越が敗れてのち、苦心して時を待ち、前473年呉を滅ぼした。しかし范蠡は、覇者となった勾践のもとを辞して斉(せい)に去り、鴟夷子皮(しいしひ)と名のり、産業に努め巨富を築いた。斉の人は彼を宰相に推したが、「久しく尊名を受くるは不祥なり」と考え、資産を友人たちに分与し、交通の要衝、陶(とう)(山東省定陶県)に移住した。そこでふたたび巨富を築き、陶朱公と称した。彼は師である計然(けいぜん)の七策のうち五策で越王勾践を覇者とし、残りの二策で富を築き、在世中、三度住まいを移し、そのたびに名を表したと伝えられ、『范蠡計然』『陶朱公致富奇書』などの書名に名をとどめることになった。[飯島和俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の范蠡の言及

【西施】より

…呉王の寵を得ると,西施はさまざまな難題を要求して呉国を疲弊させた。呉が越に滅ぼされたあと,もともと情を通じていた越の賢臣范蠡(はんれい)とともに五湖に舟を浮かべて行方知れずになったという。西施の事跡は,彼女がきぬを洗った浣紗渓(かんしやけい)(浙江省紹興の南,若邪渓(じやくやけい)とも)など,江南の風物と結びついて,歴代詩歌にうたわれることが多い。…

※「范蠡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

范蠡の関連キーワード天勾践を空しうすること莫れ,時に范蠡無きにしも非ず天勾践を空しゅうすること莫れ時に范蠡無きにしも非ず主辱めらるれば臣死す長頸烏喙・長頚烏喙会稽の恥を雪ぐ春秋戦国時代肺肝を摧く呉王夫差長頸烏喙児島高徳梁辰魚しも魚類回鯉財神西施猗頓