陶朱猗頓の富(読み)とうしゅいとんのとみ

精選版 日本国語大辞典「陶朱猗頓の富」の解説

とうしゅ【陶朱】 猗頓(いとん)の富(とみ)

(陶朱および猗頓富豪であったところから) 莫大な。また、富豪のたとえ。陶朱の富。猗頓の富。
※洒落本・仕懸文庫(1791)一「爰に来りては陶朱倚頓(タウシュイトン)が富も桂林の一枝のごとく」 〔賈誼‐過秦論上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「陶朱猗頓の富」の解説

とうしゅいとん‐の‐とみ〔タウシユイトン‐〕【陶朱×猗頓の富】

陶朱金満家として知られ、猗頓は魯国の富豪であったところから》莫大ばくだいな富。また、富豪。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android