コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猟官 リョウカン

デジタル大辞泉の解説

りょう‐かん〔レフクワン〕【猟官】

官職を得ようとして、多くの者が争うこと。「猟官運動」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りょうかん【猟官】

( 名 ) スル
官職をあさること。官職に就こうと人々が争うこと。 「 -運動」 「 -したが失敗したから/社会百面相 魯庵

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

猟官の関連キーワード両・了・亮・令・僚・兩・寥・寮・料・梁・涼・漁・燎・猟・獵・療・瞭・稜・糧・綾・繚・良・諒・輛・遼・量・陵・霊・領ジェームズAガーフィールドホイッグ党(アメリカ)スポイルズ・システムメリット・システムメリット・システムスポイルズシステムキャリア・システムバン・ビューレンバン・ビューレンガーフィールド大隈重信内閣蜂須賀 正韶三室戸 敬光鍋島 直泰伊達 宗陳資格任用制大迫 貞武公務員制度黒田 長礼

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猟官の関連情報