コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政治小説 せいじしょうせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政治小説
せいじしょうせつ

一般的には政治的要素を顕著にもった小説を意味し,さまざまな作品を含むが,文学史的には,明治初期の自由民権思想に基づく政治革新運動につながって書かれた一群の作品を,特に政治小説と呼んでいる。当時イギリスフランス,アメリカなどの政治小説が盛んに翻訳,紹介されて,その影響を受けたものも多い。代表的な作品には矢野龍渓の『経国美談』 (1883~84) ,東海散士の『佳人之奇遇』 (85~97) ,須藤南翠の『新粧之佳人』 (86) ,末広鉄腸の『雪中梅』 (86) などがある。また盛んに翻訳された外国作家で重要なものは,フランスのユゴー,イギリスの B.ディズレーリなど。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

政治小説【せいじしょうせつ】

政治的な宣伝扇動,政治思想の啓蒙,普及等を目的とした小説。普通には明治10年代から20年代にかけて自由民権運動の中から生まれた作品をいう。多く新聞掲載の小説として広く読まれた。
→関連項目傾向文学新聞小説宮崎夢柳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいじしょうせつ【政治小説】

文芸用語。明治前期に自由民権思想とナショナリズムの精神を普及させる目的で書かれた一群の傾向小説を指す。政治小説の最初の作品は1880年(明治13)に刊行された戸田欽堂(1850‐90)の《民権演義 情海波瀾》である。この作品は,芸者魁屋(さきがけや)阿権をめぐる2人の客和国屋民次と国府正文の鞘当てという筋書きどおり,民権の確立(国会開設)を争点とする政府と人民の対立と調和が,アレゴリーの形式に託されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいじしょうせつ【政治小説】

政治上の事件・人物を題材とし、ある政治思想の普及を目的とする小説。特に自由民権運動の発展に伴い、明治15、6年から20年頃にかけて流行したものをさす。矢野竜渓の「経国美談」、末広鉄腸の「雪中梅」、東海散士の「佳人之奇遇」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

政治小説
せいじしょうせつ

明治10年代、政治思想の啓発を意図した文学。その消長は、1880年(明治13)の国会開設請願運動の盛り上がりから、89年の第1回帝国議会召集に至る自由民権運動の動向とほぼ一致する。もっとも早い作品は戸田欽堂(きんどう)の『民権演義情海波瀾(じょうかいはらん)』(1880)とみられているが、劇中劇である芝居の場面で、佐倉宗五郎が民権運動家の先駆者として賞揚されている点からみれば、小室案外堂(こむろあんがいどう)の『東洋民権百家伝』(1883)のような義民伝承発掘の仕事もこのジャンルのなかに入れることができよう。ただ、『民権演義情海波瀾』は近世戯作(げさく)の人情本の書き方を模倣し、和次なる青年実業家と芸妓(げいぎ)の阿(おけん)が国府政文の世話で両席において結ばれる(国民と民権が政府の助けで国会にて結ばれる)、という単純な寓意(ぐうい)小説でしかなかったが、政治小説の大半がこのような図式性を抜け出られなかった。
 そのなかでも矢野龍渓(りゅうけい)の『斉武名士経国(けいこく)美談』(1883~84)は、古代ギリシアの史実に基づき、新しい人間像を描き出そうとした点で好評を博した。東海散士の『佳人之奇遇(かじんのきぐう)』(1885~87、88、91、97)は、西欧列強に侵略された民族の亡命革命家と日本の志士との国際的連帯を描き、漢文訓読体の荘重な文体と相まって、当時の青年に熱狂的に歓迎された。国際的危機感は対外的国権伸長の思想を生み、小宮山天香(てんこう)の『冒険企業聯島(れんとう)大王』(1887~88)という冒険的実業家を描いた作品や、矢野龍渓の『報知異聞浮城(うきしろ)物語』(1890)という、アジアの解放と新共和国樹立の理想のために日本国籍を捨てる冒険家たちを描いた作品が現れてきた。他方、国会開設が近づくにつれて、読者の目を現実に向けさせようとする末広鉄腸(てっちょう)の『政治小説雪中梅(せっちゅうばい)』(1886)や、その書き方もリアリズムを目ざし、現実認識にも優れている須藤南翠(なんすい)の『処世写真緑簑談(りょくさだん)』(1888)などが生まれた。[亀井秀雄]
『『明治文学全集5・6 明治政治小説集(1)(2)』(1966、67・筑摩書房) ▽柳田泉著『政治小説研究』上中下(1969・春秋社) ▽松井幸子著『政治小説の論』(1979・桜楓社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の政治小説の言及

【戯作】より

…一方,質の変化した滑稽は,十返舎一九式亭三馬の活躍により滑稽本を独立させ,滑稽よりもさらに世俗になじみやすい涙を主体とする人情本が,為永春水一派を中心に,変化した読者層をつかんで,やがて明治期の近代小説に直結することになる。また明治初年の政治小説の流行などは,享保以降の談義本の成立とよく似た状況を呈しており,明治も20年代までは江戸戯作の影響を色濃くひきずっていたといえよう。【中野 三敏】。…

※「政治小説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

政治小説の関連キーワード愛と幻想のファシズムリチャード ローマードミニク ドゥーエコッラディーニカスタナキスコラプティオヤセンスキー小宮山 天香コンラッドウォーナー小林雄七郎飛鳥井雅道ケストラー花柳春話リサールメーラー迷走地図新社会新小説硯友社

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

政治小説の関連情報