猩猩小僧(読み)しょうじょうこぞう

精選版 日本国語大辞典「猩猩小僧」の解説

しょうじょう‐こぞう シャウジャウ‥【猩猩小僧】

〘名〙 玩具の一種。猩々の形をした小さな人形。飴細工または浮人形などに作る。また、猩々が壺の中から出ている形を作り、下の台にさした笛を吹くと人形がまわるしかけのものもある。〔随筆・嬉遊笑覧(1830)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「猩猩小僧」の解説

しょうじょう‐こぞう〔シヤウジヤウ‐〕【××猩小僧】

玩具の一。猩猩の形をした小さな人形飴細工(あめざいく)または浮き人形に作る。また、猩猩がの中から出た形に作り、下の台に挿したを吹くと、人形が回転する装置のものもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android