コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪股秀哉 いのまた しゅうや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猪股秀哉 いのまた-しゅうや

1794-1867 江戸時代後期の医師。
寛政6年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩医。華岡青洲(はなおか-せいしゅう)にまなぶ。藩の医学校教授となり,藩主伊達慶邦(よしくに)の侍医をつとめた。慶応3年2月5日死去。74歳。名は独幹。通称ははじめ松順。著作に「治効随筆」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

猪股秀哉の関連キーワード葛飾北斎東洲斎写楽銃創瑣言東洲斎写楽本間棗軒グラナタイトグラナテインカナダ文学ランベス会議藤堂平助

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone