コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

華岡青洲 はなおか せいしゅう

9件 の用語解説(華岡青洲の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

華岡青洲

江戸後期の外科医。紀伊生。名は震、字は伯行、通称を随賢、青洲は号。20数年の苦心のすえ〈麻沸湯〉という麻酔薬を考案、乳癌、悪性のはれものなどの手術に成果をあげる。門弟多数。のち紀伊藩奥医師格となる。天保6年(1835)歿、76才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はなおか‐せいしゅう〔はなをかセイシウ〕【華岡青洲】

[1760~1835]江戸後期の外科医。紀伊の人。名は震。字(あざな)は伯行。古医方・オランダ外科を学び、開業。チョウセンアサガオを主剤とする麻酔剤を開発し、日本初の乳癌(にゅうがん)摘出手術に成功した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

華岡青洲【はなおかせいしゅう】

江戸後期の外科医。名は震(ふるう),号は随賢。紀伊国平山村の人。青年時代各地で古医方と洋方外科を学び,故郷で父の医業を継ぎ,1804年世界最初の全身麻酔手術(乳癌)に成功した。
→関連項目麻酔

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

華岡青洲 はなおか-せいしゅう

1760-1835 江戸時代後期の医師。
宝暦10年10月23日生まれ。吉益(よします)南涯に古医方,大和見立(けんりゅう)にオランダ流外科をまなぶ。紀伊(きい)那賀郡(和歌山県)西野山村の生家にかえり,医業をつぐ。経口麻酔剤の麻沸湯(まふつとう)(通仙散)を開発し,文化元年日本初の全身麻酔による乳がん摘出手術に成功した。天保(てんぽう)6年10月2日死去。76歳。名は震(ふるう)。字(あざな)は伯行。通称は随賢。著作に「灯下医談」「瘍科鎖言(ようかさげん)」など。
【格言など】内外合一,活物窮理(信条)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

華岡青洲

没年:天保6.10.2(1835.11.21)
生年:宝暦10.10.23(1760.11.30)
江戸後期の漢蘭折衷外科医。名は震,俗名は雲平,字は伯行,通称は随賢(3代),家号は春林軒。紀伊国(和歌山県)上那賀郡平山の医家直道の長男として生まれる。父に医術の手ほどきを受け,天明2(1782)年京都に上って古医方の内科を吉益南涯に,オランダ流外科を大和見立 に学ぶ。洛中の諸家と交遊して見聞をひろめ,在洛3年ののち帰郷して家業を継ぎ,漢蘭を折衷して臨床外科を研究。当時の古医方派の影響を受けて親試実験を推し進め,生体の理を究める「活物窮理」と内科・外科を一体とする医学の境地を目指す「内外合一」をモットーとし,家塾春林軒を開いて全国から集まった多くの医生を育成した。全身麻酔薬通仙散を開発して外科領域に導入,旧来の外科を超える手術を敢行し,その学風は全国に風靡した。 通仙散は,催眠・鎮痛の目的で使われていたマンダラゲ(チョウセンアサガオ)配合の薬方で,日本の整骨医が使ってきた整骨用麻酔薬には配合されていなかった。青洲は内科医が洋方の知識をもとに中国書を勘案して用いていた薬方をさらに改変して開発した。その導入は古典的麻酔薬使用の最後の時期に位置し,研究過程で被検者となった妻の加恵が失明する事故に会ったが,薬効面と安全性を高めて外科手術に実用する麻酔薬に到達,文化1(1804)年10月13日,麻酔下での乳がん摘出術を日本で最初に実施するに至った。その後も多くの乳がん摘出術を遂行,また欠唇,腫瘍,脱疽などの観血手術にも応用した。手術用具にも創意を加えて華岡流外科具として普及した。さらに中国系薬方にも創意を加え,紫雲膏(当帰潤肌膏の改良),十味敗毒湯(荊防敗毒散の加減方)を製し,これらは現在も使用されている。紀州(和歌山)藩の懇請で勝手勤めの条件付きで出仕,同藩奥医師まで進み,生涯藩医と在野の医業生活を折半した。平山の自宅で没し,裏山の華岡家墓地に葬られた。『瘍科神書』『乳岩弁』など門人の録した多くの口授写本が伝わっている。<参考文献>呉秀三『華岡青洲先生及其外科』,宗田一「華岡青洲の麻酔薬開発」(『実学史研究』Ⅳ)

(宗田一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はなおかせいしゅう【華岡青洲】

1760‐1835(宝暦10‐天保6)
江戸中期の医家で,華岡流外科の創始者。初期の全身麻酔の実施で有名。紀伊国平山(現,和歌山県那賀町平山)で生まれる。震(ふるう),伯行,雲平,随賢ともいった。父もオランダ外科を学んだ医師。1782年(天明2),京都に出,吉益南涯(よしますなんがい)に古医方を,大和見立(けんりゆう)にオランダ外科を学んで,85年帰郷,家業を継いだ。のち再び京都に出たが,同地での体験をもとに,マンダラゲ(曼陀羅華)配合の内服全身麻酔剤〈通仙散〉を案出,妻による人体実験で臨床薬理学的検討を加えたうえ,1804年(文化1)10月13日,初の本剤使用による乳癌摘出手術に成功した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はなおかせいしゅう【華岡青洲】

1760~1835) 江戸後期の医師。紀伊の人。名は震。古医方および蘭方を学ぶ。麻酔剤を案出。全身麻酔で乳癌手術に成功した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

華岡青洲
はなおかせいしゅう

[生]宝暦10(1760).10.23. 紀伊,平山
[没]天保6(1835).10.2. 平山
漢蘭折衷医方の大家で,華岡流外科の創始者。通称随賢,名は震,字は伯行,青洲と号した。医家に生れて京都に遊学,吉益南涯に内科,大和見立に外科を学び,紀州に帰って内外合一,活物窮理,漢蘭折衷を唱え,華岡流外科を樹立したという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

華岡青洲
はなおかせいしゅう
(1760―1835)

江戸末期の外科医。麻酔剤の開発を行い、麻酔下に日本最初の乳癌(にゅうがん)手術を行うなど積極的治療法を推進した。宝暦(ほうれき)10年10月23日、紀伊国(きいのくに)上那賀(なが)郡名手庄西野山村字平山(和歌山県紀の川市西野山)に生まれる。名は震、字(あざな)は伯行、随賢と号し、また居所の名をとって春林軒ともいう。父は村医者であった。23歳で京都に遊学、吉益南涯(よしますなんがい)(1750―1813)から古医方を、大和見立(やまとけんりゅう)(1750―1827)にオランダ、カスパル流外科を学び、在洛(ざいらく)3年ののち帰郷し家業を継いだ。古医方派の実証主義をとり、「内外合一、活動究理」、すなわち内科・外科を統一し、生き物の法則性を明らかにすることを信条として、積極的な診療技法を展開した。彼の開発した麻酔薬「通仙散」は、マンダラゲ(チョウセンアサガオ)を主剤とするもので、ヨーロッパの薬方に採用されていることを知ったのがヒントになり、中国医書を参考に改良を加えたものである。成分の配合と麻酔効果の関係を研究するため、たびたび被験者として協力した母は、おそらくその中毒によって死亡、妻も失明した。この麻酔薬を用いて多くの手術を行ったが、1804年(文化1)10月13日、紀州五條(ごじょう)の藍屋(あいや)利兵衛の母、勘に行われた乳癌摘出手術は日本最初である。手術は成功したが、患者は翌1805年2月に死亡している。このほかに乳癌手術だけでも150例ほど行っている。門人録に署名しているもの305人、広く全国から入門が相次いだ。天保(てんぽう)6年10月2日死去。[中川米造]
『呉秀三著『華岡青洲先生及其外科』(1923・吐鳳堂書店/複製・1994・大空社) ▽松木明知著『華岡青洲と麻沸散――麻沸散をめぐる謎』(2006/改訂版・2008・真興交易医書出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の華岡青洲の言及

【医学】より

…また,それらが触媒となって,医療技術も大きく進歩した。たとえば紀州の華岡青洲は,マンダラゲを主成分とする麻酔剤を開発して,乳癌の手術などを多く実施した。その門人本間棗軒(1804‐76)は,四肢の切断や陰茎切断などの困難な手術にも成功している。…

【癌】より

… 日本では,江戸時代に癪(しやく)・積聚と呼ばれた内科疾患に,胃癌のような悪性腫瘍が含まれていたと思われる。膈噎(かくいつ)といわれた食道狭窄症には食道癌もあったし,舌疽(ぜつそ)といわれたものはほとんどが舌癌であったと思われるが,江戸時代にもはっきり認識されていたのは,華岡青洲の麻酔手術で名高い乳癌であった。また1915年に山極勝三郎と市川厚一がウサギの耳にタールを塗って皮膚癌の発生に世界で初めて成功したことは注目される。…

【外科】より

…サルファ剤の発見,A.フレミングによるペニシリンの発見,それに続く種々の抗生物質の発見・合成は,今日の外科無菌手術に大きな進歩をもたらした。1805年(文化2)世界に先駆けて華岡青洲が曼陀羅華(まんだらげ)(チョウセンアサガオ)を主成分とした麻沸湯による全身麻酔で乳癌の手術に成功した。それから約40年後アメリカのW.T.G.モートンらがエーテル麻酔に成功,以来吸入麻酔用ガスの開発は近代麻酔学の基礎となった。…

【手術】より

…1649年(慶安2)出島に到来したオランダの医師カスパルはフランスの外科医パレの医学を伝えたが,彼の教えた医学はカスパル流外科として知られる。 1774年(安永3)に杉田玄白,前野良沢らによってクルムスJ.A.Kulmusの解剖書を翻訳した《解体新書》が刊行されたが,それから31年後の1805年(文化2),華岡青洲は曼陀羅華(まんだらげ)(チョウセンアサガオ)を主とした麻沸湯による全身麻酔下での乳癌手術に成功している。これはW.T.G.モートンらのエーテル麻酔に先立つこと約40年であった。…

【麻酔】より

…モートンが麻酔の父と呼ばれるゆえんである。日本では1804年10月13日華岡青洲が通仙散(麻沸湯)を用いて全身麻酔下で乳癌の手術に成功した。これらが全身麻酔下で行われた手術の初めである。…

※「華岡青洲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

華岡青洲の関連キーワード関明霞森白鳳織田東民本阿彌親平岳鳳奥劣斎片倉元周外科医河津省庵野呂天然

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

華岡青洲の関連情報