コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

献堂式 ケンドウシキ

デジタル大辞泉の解説

けんどう‐しき〔ケンダウ‐〕【献堂式】

キリスト教で、新築の会堂を神にささげる儀式。
[補説]作品名別項。→献堂式

けんどうしき【献堂式】[曲名]

《原題、〈ドイツ〉Die Weihe des Hausesベートーベンの管弦楽曲。1822年作曲。序曲と5曲からなる。ウィーンに新設されたヨーゼフシュタット劇場のこけら落としのために作曲。序曲と第1曲以外は「アテネの廃墟」を転用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

献堂式

ドイツの作曲家L・v・ベートーヴェンの管弦楽曲(1822)。原題《Die Weihe des Hauses》。劇付随音楽『アテネの廃墟』を転用して作曲された序曲。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

献堂式の関連キーワードサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂セント・パトリック大聖堂シベニクの聖ヤコブ大聖堂サンタ・クローチェ聖堂ノートル・ダム大聖堂サクレ・クール大聖堂ルネサンス史(年表)サン・ピエトロ大聖堂アルムデーナ大聖堂シャルトル大聖堂ビザンティン美術ハギア・ソフィアクリュニー修道院アーヘン大聖堂戦争レクイエムプティジャンアンテラミ土木技術ベネボリ十字架

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

献堂式の関連情報