コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

献堂式 ケンドウシキ

デジタル大辞泉の解説

けんどう‐しき〔ケンダウ‐〕【献堂式】

キリスト教で、新築の会堂を神にささげる儀式。
[補説]作品名別項。→献堂式

けんどうしき【献堂式】[曲名]

《原題、〈ドイツ〉Die Weihe des Hausesベートーベンの管弦楽曲。1822年作曲。序曲と5曲からなる。ウィーンに新設されたヨーゼフシュタット劇場のこけら落としのために作曲。序曲と第1曲以外は「アテネの廃墟」を転用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

献堂式

ドイツの作曲家L・v・ベートーヴェンの管弦楽曲(1822)。原題《Die Weihe des Hauses》。劇付随音楽『アテネの廃墟』を転用して作曲された序曲。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

献堂式の関連キーワードサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂セント・パトリック大聖堂シベニクの聖ヤコブ大聖堂サンタ・クローチェ聖堂ノートル・ダム大聖堂サクレ・クール大聖堂サン・ピエトロ大聖堂ルネサンス史(年表)アルムデーナ大聖堂ビザンティン美術シャルトル大聖堂ハギア・ソフィアクリュニー修道院戦争レクイエムアーヘン大聖堂プティジャンアンテラミ土木技術ベネボリ十字架

献堂式の関連情報