猿女氏(読み)さるめうじ

世界大百科事典 第2版の解説

さるめうじ【猿女氏】

鎮魂祭に奉仕する,猿女と呼ばれる女性を貢進した古代氏族。天孫降臨に際し,その先導となった天鈿女命(あめのうずめのみこと)を祖と伝える。〈弘仁私記序〉に,稗田阿礼(ひえだのあれ)を,天鈿女命の後裔と伝えているので,稗田氏と同様,和珥(わに)氏の同族であった可能性がある。それはまた,《類聚三代格》に引く弘仁4年(813)10月28日の太政官符に,猿女が,小野朝臣により縫殿寮に貢進されていた事実からも推測できる(《西宮記》の裏書では,それを猿女公氏からの貢進と表現している)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android