コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿女氏 さるめうじ

世界大百科事典 第2版の解説

さるめうじ【猿女氏】

鎮魂祭に奉仕する,猿女と呼ばれる女性を貢進した古代氏族。天孫降臨に際し,その先導となった天鈿女命(あめのうずめのみこと)を祖と伝える。〈弘仁私記序〉に,稗田阿礼(ひえだのあれ)を,天鈿女命の後裔と伝えているので,稗田氏と同様,和珥(わに)氏の同族であった可能性がある。それはまた,《類聚三代格》に引く弘仁4年(813)10月28日の太政官符に,猿女が,小野朝臣により縫殿寮に貢進されていた事実からも推測できる(《西宮記》の裏書では,それを猿女公氏からの貢進と表現している)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報