コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿女氏 さるめうじ

1件 の用語解説(猿女氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さるめうじ【猿女氏】

鎮魂祭に奉仕する,猿女と呼ばれる女性を貢進した古代氏族。天孫降臨に際し,その先導となった天鈿女命(あめのうずめのみこと)を祖と伝える。〈弘仁私記序〉に,稗田阿礼(ひえだのあれ)を,天鈿女命の後裔と伝えているので,稗田氏と同様,和珥(わに)氏の同族であった可能性がある。それはまた,《類聚三代格》に引く弘仁4年(813)10月28日の太政官符に,猿女が,小野朝臣により縫殿寮に貢進されていた事実からも推測できる(《西宮記》の裏書では,それを猿女公氏からの貢進と表現している)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

猿女氏の関連キーワード御湯殿早乙女鎮魂祭斎子大忌公僕鎮魂歌仕える小忌人猿女

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone