コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿若座 サルワカザ

大辞林 第三版の解説

さるわかざ【猿若座】

江戸の歌舞伎劇場。江戸三座の筆頭、中村座の前身。1624年猿若勘三郎が中橋南地に創建。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猿若座
さるわかざ

中村座」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の猿若座の言及

【劇場】より

…江戸では,すでに興行地化していた中橋南地(現在の日本橋通3丁目付近)や,葭(吉)原の遊里が歓楽地として栄えはじめた。1624年(寛永1)2月に,初世猿若(中村)勘三郎が中橋に歌舞伎常芝居猿若座(後の中村座)を創設した。常設の歌舞伎劇場のはじめである。…

【新富座】より

…しかし,79年9月外人の一座を招いて劇中劇に《漂流奇談西洋劇(ひようりゆうきだんせいようかぶき)》という合同劇を上演させて失敗。このころから座主守田勘弥の負債がかさみはじめ,その後は座主名義を変更したり,座主が変わったりして,座名も猿若座,桐座,深野座,都座などと頻繁に変わっている。97年新富座に復名,1909年松竹合名社が買収,23年関東大震災で焼失するまで存続した。…

【中村座】より

…櫓紋は,最初は舞鶴,のちに隅切角に銀杏となった。享保10年(1725)書き上げの《江戸三芝居由緒書》によれば,初世中村(猿若)勘三郎が1624年(寛永1)に中橋で猿若座の名で興行を始め,32年ごろには禰宜町で興行,51年(慶安4)に堺町に移転したと記すが,客観的裏付けはない。しかし51年には江戸城に参入した記録が残り,万治年間(1658‐61)には堺町で興行している。…

※「猿若座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

猿若座の関連キーワード岩井 粂三郎(4代目)岩井 松之助(4代目)中村 明石(5代目)中村 仲蔵(4代目)岩井 紫若(4代目)中村勘三郎(2世)中村勘三郎(3代)岩井粂三郎(4代)中村勘三郎(1世)中村勘三郎(4世)杵屋喜三郎(6代)中村勘三郎(初代)中村明石(5代)三国彦作(初代)北条九代名家功歌舞伎(演劇)大杯觴酒戦強者京橋(東京都)歌舞伎年代記歌舞伎劇場

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android