コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

獅子吼高原 ししくこうげん

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕獅子吼高原(ししくこうげん)


石川県白山(はくさん)市の鶴来(つるぎ)地区の東方にある後高(しりたか)山(標高649m)の平坦(へいたん)な山頂部一帯。眼下に金沢平野の中心をなす手取(てどり)川扇状地を一望できる。スキー場のほか、ハンググライダー・パラグライダーの基地としてにぎわう。西麓(せいろく)からロープウエーが通じる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

獅子吼高原
ししくこうげん

石川県中央部、白山(はくさん)市鶴来(つるぎ)地区にある高原。金沢市との境の後高(しりたか)山(649メートル)とその山麓を観光開発して名づけたもの。手取(てどり)川扇状地の扇頂部に位置し、扇状地の早場米地帯や日本海を望み、白山、日本アルプスも遠望できる。スキー、ハイキングなど四季を通じて訪客が多い。西麓(せいろく)の八幡(やはた)地区からゴンドラの便がある。県内初の本格的スキー場として開かれ、アスレチック、キャンプ、ハンググライダーにも利用される。獅子吼・手取県立自然公園に属す。[矢ヶ崎孝雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の獅子吼高原の言及

【鶴来[町]】より

…繊維,機械,製材,醸造業が主産業で,酒米,種もみの産地でもある。金沢市との境にある獅子吼(ししく)高原は眺望がよく,キャンプ場,スキー場がある。北陸鉄道が通じ,金沢市への通勤者も多い。…

※「獅子吼高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

獅子吼高原の関連キーワード獅子吼・手取県立自然公園扇状地河内鳥越鶴来西麓

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android