コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴来 つるぎ

2件 の用語解説(鶴来の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴来
つるぎ

石川県南部,白山市北部にあり,手取川の中流域に位置する旧町域。1889年町制。1954年林村,蔵山村,一ノ宮村,舘畑村の 4村と合体。2005年松任市,美川町,河内村,吉野谷村,鳥越村,尾口村,白峰村と合体して白山市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶴来
つるぎ

石川県中央部、石川郡にあった旧町名(鶴来町(まち))。現在は白山(はくさん)市の北部を構成する一地域。旧鶴来町は1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)林、蔵山(くらやま)、一ノ宮、舘畑(たちはた)の4村と合併。2005年(平成17)松任(まっとう)市、石川郡美川(みかわ)町、河内(かわち)村、吉野谷(よしのだに)村、鳥越(とりごえ)村、尾口(おぐち)村、白峰(しらみね)村と合併し、白山市となる。北陸鉄道石川線、国道157号、加賀産業道路が通じる。手取(てどり)川の右岸、手取川扇状地の扇頂部に位置し、旧町域の南東部は山地、北西部は平野である。白山(はくさん)信仰の参拝路の一つとして古代より開け、中世以降は加賀一宮(いちのみや)白山比(しろやまひめ)神社、金劔宮(きんけんぐう)などの門前町として、また定期市(いち)も立つ谷口集落として発展した。酒造、打ち刃物などの伝統工業があり、専売制度以前はタバコ製造でも栄えた。米作、製材、織物工業も発達し、金沢への通勤者も多い。東部の獅子吼(ししく)高原は眺望がよくスキー場もある。深瀬(ふかぜ)新町地区は、手取川ダムにより水没した尾口村深瀬の住民の一部が移住してきた地で、人形芝居「尾口のでくまわし」(国の重要無形民俗文化財)を伝えている。[矢ヶ崎孝雄]
『『鶴来商工会七十年史』(1968・鶴来商工会) ▽『鶴来町史』全3巻(1984~1997・鶴来町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴来の関連キーワード手取湖石川県白山市北島町石川県白山市北成町石川県白山市北安田町石川県白山市中宮鶴来〈町〉石川県白山市手取町石川県白山市東二口石川県白山市美川南町石川県白山市吉野

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鶴来の関連情報