玄【ぼう】(読み)げんぼう

百科事典マイペディアの解説

玄【ぼう】【げんぼう】

奈良時代の法相(ほっそう)宗の僧。俗姓阿刀(あと)氏。716年入唐(にっとう),法相を学び,735年帰国。後,僧正(そうじょう)に任ぜられ,橘諸兄(たちばなのもろえ)のもとで吉備真備(きびのまきび)とともに政界にも権力を振るった。藤原広嗣(ひろつぐ)は玄【ぼう】らを除こうとしたが失敗。しかし藤原仲麻呂(なかまろ)が台頭すると,745年筑紫(つくし)の観世音(かんぜおん)寺別当に左遷され,そこで死んだ。
→関連項目藤原広嗣藤原広嗣の乱

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android