コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉備真備 きびのまきび

7件 の用語解説(吉備真備の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉備真備
きびのまきび

[生]持統7/9(693/695)
[没]宝亀6(775).10.2.
奈良時代の学者,政治家。霊亀2 (716) 年入唐 (にっとう) 留学生,天平7 (735) 年帰朝。『唐礼』『大衍暦経』など多くの書籍,器物を将来した。同9年藤原氏の公卿が相次いで疫死したため,しだいに宮廷内に重きをなし,同 12年藤原広嗣の乱は,真備らの追放を口実としている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きび‐の‐まきび【吉備真備】

[695~775]奈良時代の政治家・学者。本姓は下道(しもつみち)氏。吉備の豪族の出身。唐に留学、諸学を学ぶ。帰朝後、橘諸兄(たちばなのもろえ)のもとで活躍。藤原仲麻呂に疎まれ筑前守に左遷。その後、再び渡唐。仲麻呂没落後、中央に帰り右大臣となる。律令の刪定(さんてい)などに尽力。吉備大臣と称せられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉備真備【きびのまきび】

奈良時代の貴族,学者。717年留学生として入唐。儒学・天文学・兵学を修め,19年間の入唐中に名声をあげる。帰国後,玄【ぼう】(げんぼう)とともに橘諸兄(もろえ)の相談役として唐文化の輸入に努める。
→関連項目阿倍仲麻呂片仮名吉備氏吉備大臣入唐絵詞広峰神社藤原清河藤原広嗣真備[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉備真備 きびの-まきび

695-775 奈良時代の学者,公卿(くぎょう)。
持統天皇9年生まれ。吉備の豪族下道圀勝(しもつみちの-くにかつ)の子。遣唐留学生として17年間儒学,兵学などをまなぶ。帰国後,僧玄昉(げんぼう)とともに,左大臣橘諸兄(たちばなの-もろえ)を補佐。吉備朝臣の氏姓をさずかるが,藤原仲麻呂に左遷される。のち仲麻呂の乱鎮定に功をたて,大納言をへて正二位,右大臣。吉備大臣と称される。「刪定(さんてい)律令」を編集。宝亀(ほうき)6年10月2日死去。81歳。
【格言など】力任(た)えずして強(し)うる者は廃し,心逮(およ)ばずして極むる者は必ず惛(くら)し(「乞骸骨表」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

きびのまきび【吉備真備】

695‐775(持統9‐宝亀6)
もと下道(しもつみち)真備。奈良時代の学者,政治家。備中国下道郡出身。父は右衛士少尉下道圀勝(くにかつ)。母は楊貴(八木)氏。圀勝の母の骨蔵器が岡山県矢掛町三成で発見されている。716年(霊亀2)22歳で唐への留学生となり翌年出発し,735年(天平7)に帰国。唐では儒学のほかに天文学や兵学,音楽も学んだことは,帰朝時に献上した《唐礼》130巻(経書),《大衍(えん)暦経》1巻,《大衍暦立成》12巻(以上天文暦書),測影鉄尺(日時計),銅律管,鉄如方響,写律管声12条(以上楽器),《楽書要録》10巻(音楽書),絃纏漆角弓,馬上飲水漆角弓,露面漆四節角弓各1張(いずれも騎馬民族の使う弭(ゆはず)が角製の弓),射甲箭20隻,平射箭10隻等によってわかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きびのまきび【吉備真備】

695~775) 奈良時代の学者・廷臣。吉備地方の豪族の出身。大宰大弐。正二位右大臣。717年遣唐使に従って留学。735年帰国、「唐礼」などの書籍、兵器・器具を将来。751年遣唐副使として再入唐。帰国後、怡土いと城を築き、また藤原仲麻呂の乱の鎮定に貢献。吉備大臣。著「私教類聚」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉備真備
きびのまきび
(695―775)

奈良時代の政治家、学者。「真吉備」とも書く。吉備の豪族下道朝臣(しもつみちのあそん)国勝の子。母は楊貴(やぎ)(八木)氏。716年(霊亀2)遣唐留学生となり、翌年入唐。経史、衆芸を学び、阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)とともに唐で名声をあげた。735年(天平7)帰朝、唐礼130巻、暦書、音楽書、武器、楽器、測量具などを献じた。大学助を経て東宮学士に任ぜられ、阿倍皇太子(後の孝謙(こうけん)天皇)に『礼記(らいき)』『漢書(かんじょ)』などを講義した。大宰少弐(だざいのしょうに)藤原広嗣(ひろつぐ)は、真備と僧玄(げんぼう)が重用されるのをねたみ、740年2人を討つ名目で挙兵、乱を起こしたが敗死した。746年吉備朝臣の姓(かばね)を賜った。751年(天平勝宝3)遣唐副使となり翌年入唐、754年帰国。大宰大弐に任ぜられ、在任中に怡土城(いとじょう)を建設した。764年(天平宝字8)藤原仲麻呂の反乱鎮定に功をたてた。参議、中衛大将(ちゅうえのだいしょう)、中納言(ちゅうなごん)、大納言を歴任、766年(天平神護2)右大臣に昇った。称徳(しょうとく)天皇崩御後、皇嗣(こうし)冊立に自説がいれられず、光仁(こうにん)天皇の即位後致仕した。宝亀(ほうき)6年10月2日没。[横田健一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吉備真備の言及

【怡土城】より

…奈良時代に現福岡県糸島郡前原町の高祖山に築かれた山城。唐の安禄山の乱が伝えられ,新羅の征討が計画される緊迫した状況の中で756年(天平勝宝8)に兵法家としても知られる大宰大弐吉備真備(きびのまきび)を専当として起工された。763年(天平宝字7)にほぼ成り,765年(天平神護1)には大弐佐伯今毛人(さえきのいまえみし)を築怡土城専知官とし,768年(神護景雲2)に完成した。…

【雅楽】より

…いずれも理論書というよりは当家の伝承を書きとどめたもので,系譜,奏演記録,故事来歴などをおもな内容としている。中国の楽書で記録上はじめて日本へもたらされたのは,735年(天平7)4月,入唐留学生吉備真備が聖武天皇に献じた《楽書要録》である。則天武后の撰とされ,もと10巻あったが,大部分が散佚した。…

【吉備大臣入唐絵詞】より

…奈良時代の学者官僚吉備真備(きびのまきび)が遣唐使として入唐したときの不思議な説話を1巻(現在は4巻に分離)6段に描いた絵巻。制作は12世紀末から13世紀初と考えられる。…

【五十音図】より

…しかし,この伝統的な五十音図の拡充という方法によって,日本語の音節表が作成されることが多いのは,その組織が,字の発音の共通性に従って,縦横に整備しているからで,古来,語源,語釈,てにをは,仮名遣い,活用など国語の研究において尊重された歴史的事実と照応するが,さらにこの図の発生,伝承,実用の沿革が有用性をよく物語る。現存最古の図は醍醐寺蔵の《孔雀経音義(くじやくきようおんぎ)》に見えるもので11世紀初めのものであるが,その起源について悉曇(しつたん)から出たという説(大矢透),国語のために作られたのではなく,外国語学ことに漢字音の反切(はんせつ)のために作られたとする説(橋本進吉),儒家に端を発し,反音を簡明に示すために仮名を用いた図が,日本の語音の組織を明らかにするに足るものに発展したとする説(山田孝雄),悉曇反音を理解しやすくするために悉曇章のひな形を示すものとして作ったとする説(小西甚一)などがあるが,発生の契機や,その後の整備の目的とか暗示,また実用例の多様性を考えると,作者を吉備真備(きびのまきび)個人に帰する伝説が疑わしいことは当然にしても,現存の資料だけからは,決定的な断案が下されない。とにかく,古い図では,行・段の順がまちまちであり,悉曇の母音,子音の順に暗示を得た整理の事実は判然としているが,根底に漢字音や国語の音についての省察が存したことも疑うことができない。…

【暦】より

…やがてこの制度は形骸化して暦職は世襲され暦道は秘伝となって賀茂家に独占されるようになった。吉備真備(きびのまきび)は留学生として唐に学び,その帰朝に際して他のもろもろの文物とともに大衍暦を携えてきた博識の人物である。その6世の孫に忠行という陰陽道の大家が出,さらにその子保憲もその道に優れ陰陽博士,天文博士などを歴任した。…

【删定律令】より

…〈さんていりつりょう〉とも読む。24条よりなり,769年(神護景雲3)吉備真備,大和(倭)長岡らが撰し,791年(延暦10)施行され,812年(弘仁3)停止された。日本における体系的な律令法典の編纂は大宝律令につぐ養老律令で終わり,その後の律令法の部分的改正は法典そのものを改めることなく,詔,勅などで公布される単行法令すなわち格(きやく)によって行われたが,この删定律令は24条という限られた条文についてではあるが,養老律令の条文そのものを修訂したものと推定される。…

【私教類聚】より

吉備真備(きびのまきび)の著書。逸書であるが,目録38ヵ条が《拾芥抄》に引用されて残っている。…

【致仕】より

…五位以上の貴族官僚は天皇に上表し,六位以下の下級官僚は太政官に申し牒(ちよう)して,太政官から奏聞(そうもん)する規定になっていた。具体的なケースをみると,764年(天平宝字8)正月,大宰大弐の吉備真備(きびのまきび)は,数え年70に達して致仕を上表したのであるが,まだ奏上されないうちに,造東大寺司長官に遷任を命ぜられている。また771年(宝亀2)に数え年70に及んだ大納言の大中臣清麻呂(おおなかとみのきよまろ)は,上表して致仕を願ったがゆるされず,774年12月,右大臣に昇進していた清麻呂は重ねて致仕を上表したが,またゆるされていない。…

【藤原広嗣の乱】より

…唯一の史料である《続日本紀》の記載の整理結果によると,次のような経過をたどったと考えられる。玄昉(げんぼう),吉備真備(きびのまきび)と対立し,藤原氏内部でも孤立していた藤原広嗣は,738年末,大養徳守(やまとのかみ)から大宰少弐にうつされた。彼は740年8月下旬に玄昉と吉備真備を除くことを要求する上表文を提出し,中央政府の返事を待たずに8月末ごろ挙兵にふみ切った。…

【兵法】より

…古代の兵法は中国伝来のもので,《司馬法》《孫子》《八陣書》《太公六韜》《兵書論要》など多くの兵書が舶載されており,《日本書紀》の天智紀には兵法に閑(なら)える者に授位した記事がみえる。奈良時代では唐に留学した吉備真備(きびのまきび)が兵法にくわしく,平安時代では学者の家として著名な大江氏が歴代兵法を伝え,大江匡房(まさふさ)は源義家に秘法を授けたという。 しかし兵法の諸流派が喧伝されるようになったのは幕藩体制下軍学(兵学)が興隆してからである。…

【律管】より

…初めは無節の竹管を用いたが,同一条件の正確な律の竹管が求めがたく保存にも不便であったので,玉や銅をも用いて作るようになった。唐代に張文収が360銅律を作ったり,吉備真備(きびのまきび)が銅律一部を唐から持ち帰った記録がある。律管の長さや内径は音律との関係から種々の計算方法がとられてきた。…

【留学】より

…しかし701年(大宝1)の遣唐使が派遣されるころから,留学生のほとんどは唐に渡った。とくに717年(養老1)に出発した遣唐使には吉備真備(きびのまきび),阿倍仲麻呂玄昉(げんぼう),大倭長岡(やまとのながおか)らが随行し,彼らの学業は長安でも高く評価されたという。仲麻呂はついに帰国できなかったが,真備らは大量の書籍や楽器などを持ち帰り,唐の文化の本格的な摂取の段階に入った。…

※「吉備真備」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉備真備の関連キーワード下道もつ道石川県金沢市下堤町兵庫県加西市下道山町吉備下道前津屋下道門継下道圀勝下ッ道下道真備下道氏墓

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉備真備の関連情報