玄冥(読み)げんめい

精選版 日本国語大辞典「玄冥」の解説

げん‐めい【玄冥】

〘名〙
① 奥ふかくかすかなこと。また、真理の奥深いさま。〔荘子‐大宗師〕
② 刑殺をつかさどる、大陰、、北方の。転じて、冬の異称。《季・冬》 〔運歩色葉(1548)〕〔礼記‐月令〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「玄冥」の解説

【玄冥】げんめい

冬の神。

字通」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の玄冥の言及

【雨師】より

…歴代王朝は雨師廟をまつってきた。古書に〈屛翳(へいえい)〉〈玄冥〉などの雨師の名が見える。〈畢宿(ひつしゆく)〉という星が雨を降らすとも信じられた。…

※「玄冥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android