玄樹(読み)げんじゅ

精選版 日本国語大辞典「玄樹」の解説

げんじゅ【玄樹】

室町中期の臨済宗。字(あざな)桂庵。号、島陰。長門の人。京都五山に学び、応仁元年(一四六七)遣明使天与清啓にしたがって明に渡り、七年後帰国して菊池重朝に招かれ、また薩摩島津忠昌が桂庵のためにはじめた桂樹庵で宋学を講じた。朱子の大学章句を刊行し、文集「島陰漁唱」がある。その学統は薩南学派と呼ばれ、近世儒学興隆の基となった。応永三四~永正五年(一四二七‐一五〇八

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android