コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩南学派 さつなんがくは

5件 の用語解説(薩南学派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薩南学派
さつなんがくは

室町時代の朱子学派の一つ。文明 10 (1478) 年,島津忠昌に招かれた五山の禅僧,桂庵玄樹が薩摩国で朱子学を講じたのに始る。月渚玄得や文之玄昌らの学僧を生み,一派をなしたが,江戸時代に入って衰退した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さつなん‐がくは【×薩南学派】

日本朱子学の学派の一。文明年間(1469~1487)に薩摩に招かれた五山の禅僧桂庵玄樹を始祖とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

薩南学派【さつなんがくは】

応仁・文明の乱で地方に下った京都の禅僧桂庵玄樹が,1478年島津忠昌に招かれ薩摩(さつま)国に移り,一族や家臣に四書五経などを講じた。この玄樹を始祖とする儒学の学統を薩南学派という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

さつなんがくは【薩南学派】

朱子学の一派。応仁の乱勃発後、禅僧桂庵玄樹が薩摩に招かれて伝えたのに始まる。月渚・一翁らが出たが、江戸時代には衰えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薩南学派
さつなんがくは

戦国末期から近世初期にかけて薩摩(さつま)地方(鹿児島県)に興隆した宋学(そうがく)(朱子学)の一派。この派の祖桂庵玄樹(けいあんげんじゅ)は周防(すおう)(山口県)に生まれ、京都五山に学び、1467年(応仁1)から73年(文明5)まで6年間、中国の明(みん)に渡って簡牘(かんとく)外交(手紙すなわち外交文書の往復を通じての外交)のことに従事するとともに禅と朱子学を学んだ。帰国後、石見(いわみ)(島根県)、肥後(熊本県)菊池氏のもとを経て1478年島津忠昌(ただまさ)の招きで薩摩に移り、禅儒として活躍した。儒においては新注学を講じ、わが国で初めて『大学章句』を刊行した。他方、禅の見性(けんしょう)と程朱(ていしゅ)の心法とを調和して薩摩武士の士風の形成に寄与した。『島陰(しまかげ)集』の著がある。桂庵の死後その流れを引く文之玄昌(ぶんしげんしょう)(1556―1620)が出て禅儒として活躍し、訓点(くんてん)のうえで桂庵の後を受けて文之点を完成した。2人はまた薩摩藩の対明外交を助けている。[源 了圓]
『足利衍述著『鎌倉室町時代之儒学』(1932・日本古典全集刊行会) ▽和島芳男著『日本宋学史の研究』(1962・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薩南学派の関連キーワード李滉朱子学薛瑄陽明学派官学朱子学派折衷学派意雲巣松道人谷一斎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone