コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄覚 げんかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玄覚 げんかく

?-? 鎌倉時代の僧,歌人。
建長7-元応2年(1255-1320)ごろ生存。天台宗。権(ごんの)律師から権少僧都(しょうそうず)にすすむ。仙覚(せんがく)の「万葉集註釈」を書写し,自分の意見を付した。歌は「続(しょく)拾遺和歌集」などに収録されている。藤原光俊としたしかった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

玄覚の関連キーワード井上因碩(2世)井上道砂大館高門玄覚奈穂鎌倉時代大田錦城太田錦城井上玄覚証道歌坐禅歌人建長道証

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android