コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙覚 せんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仙覚
せんがく

[生]建仁3(1203).常陸
[没]文永9(1272)以後
鎌倉時代の古典学者。天台宗の僧。俗姓未詳。『万葉集』を研究,まず諸本校訂に努め,無点歌に新点を加えて後嵯峨天皇奏上。また書写本宗尊親王に奉った。さらに万葉注釈書の先駆をなす『万葉集註釈』 (1269) を完成。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

仙覚【せんがく】

鎌倉中期の天台宗の僧。万葉学者。常陸(ひたち)の人。鎌倉などに住み,1272年には生存していたことが知られるが,没年は不明。《万葉集》の諸本を校合,全部の歌に訓をつけた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仙覚 せんがく

1203-? 鎌倉時代の僧,万葉学者。
建仁(けんにん)3年生まれ。権律師(ごんのりっし)。「万葉集」の研究と校訂をすすめ,それまで訓点のなかった152首に訓点をくわえた。建長5年その定本に奏状をそえて後嵯峨(ごさが)上皇献上。のち「万葉集註釈(ちゅうしゃく)」をあらわした。文永9年(1272)までは存命。常陸(ひたち)(茨城県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

仙覚

没年:文永9以後?(1272)
生年:建仁3(1203)
鎌倉時代の僧,万葉学者,歌人。家系等不明であるが生国は常陸。天台宗。13歳より『万葉集』研究を志し,寛元4(1246)年将軍藤原頼経の命により,源親行のあとを受けて親行本など数本により『万葉集』を校訂し,さらに無点歌にいわゆる仙覚新点を加える。建長5(1253)年新点歌と『仙覚律師奏覧状』とが後嵯峨上皇に献上された。その後も諸本を博捜して校訂が続けられ,寛元本のほか,宗尊親王に献上された文永2年本や文永3年本などがある。文永6(1269)年武蔵国で『万葉集註釈』10巻を完成。仙覚の校訂・注釈は『万葉集』研究史上画期的な業績であり,江戸時代に契沖が現れるまでの最大の万葉学者であった。歌人としても『続古今集』以下に4首入集するほか,鎌倉歌壇で活躍,『新和歌集』『東撰和歌六帖』に入集。

(田渕句美子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんがく【仙覚】

1203(建仁3)‐?
鎌倉時代の僧,権律師。宗門は天台宗か。優れた万葉学者として知られた。常陸国の生れと思われるが,主として鎌倉に住み,また武蔵国比企郡にいたこともある。1272年(文永9)まで生存していたことはわかるが,没年は不明。彼の万葉集研究は,(1)本文の校定,(2)訓点,(3)注釈に分かれる。(1)1246年(寛元4)彼が44歳のときの寛元本と,66年(文永3)64歳のときの文永本との2回にわたり,後者は前回に見られなかった諸本をも校合(きようごう)して正確度を増し,現存の完本は皆この両本から出ている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんがく【仙覚】

1203~?) 鎌倉時代の天台宗の僧。常陸ひたちの人。初めて万葉集の本格的校訂を行い、また従来の無点歌百数十首に新点を試み、古典研究の方法的基礎を確立した。著「万葉集註釈」(「仙覚抄」)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仙覚
せんがく
(1203―?)

鎌倉時代の万葉学者。常陸(ひたち)国(茨城県)に生まれ、関東に住む。1272年(文永9)に70歳で生存していた。天台宗の僧であったらしい。13歳で『万葉集』の研究に志し、中世の万葉研究を大成した。おもな業績は次の4点に要約される。(1)校訂本の作成。(2)前記(1)によって従来の無訓歌152首を抄出し訓点(新点)を加えた。ここで『万葉集』の歌はすべて訓がつけられた。(3)『万葉集註釈(ちゅうしゃく)』10巻(仙覚抄とも)を撰(せん)し800首余りを注釈した。(4)書名、時代、撰者、用字などの考証的研究((3)の巻第一および仙覚奏覧状)。その研究は平安時代以来の基礎的な面を継承しつつも、文献を重んずる厳正な実証性に貫かれ、学問研究の名に値する画期的なものであり、近世の契沖(けいちゅう)らに大きな影響を与えた。[橋本達雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

仙覚の関連キーワード着襲狩り・競ひ狩り万葉代匠記逸文風土記物忌まひ万葉集抄書誌学厚紙次点玄覚寂印

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仙覚の関連情報