コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙覚 せんがく

8件 の用語解説(仙覚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仙覚
せんがく

[生]建仁3(1203).常陸
[没]文永9(1272)以後
鎌倉時代の古典学者。天台宗の僧。俗姓未詳。『万葉集』を研究,まず諸本の校訂に努め,無点歌に新点を加えて後嵯峨天皇に奏上。また書写本を宗尊親王に奉った。さらに万葉注釈書の先駆をなす『万葉集註釈』 (1269) を完成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せんがく【仙覚】

[1203~?]鎌倉時代の万葉学者。常陸(ひたち)の人。天台宗の僧で、鎌倉新釈迦堂の権律師(ごんのりっし)。万葉集の研究に志し、その校訂・訓点・注釈などに画期的な業績を残した。著「万葉集註釈(仙覚抄)」「仙覚奏覧状」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

仙覚【せんがく】

鎌倉中期の天台宗の僧。万葉学者。常陸(ひたち)の人。鎌倉などに住み,1272年には生存していたことが知られるが,没年は不明。《万葉集》の諸本を校合,全部の歌に訓をつけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仙覚 せんがく

1203-? 鎌倉時代の僧,万葉学者。
建仁(けんにん)3年生まれ。権律師(ごんのりっし)。「万葉集」の研究と校訂をすすめ,それまで訓点のなかった152首に訓点をくわえた。建長5年その定本に奏状をそえて後嵯峨(ごさが)上皇に献上。のち「万葉集註釈(ちゅうしゃく)」をあらわした。文永9年(1272)までは存命。常陸(ひたち)(茨城県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

仙覚

没年:文永9以後?(1272)
生年:建仁3(1203)
鎌倉時代の僧,万葉学者,歌人。家系等不明であるが生国は常陸。天台宗。13歳より『万葉集』研究を志し,寛元4(1246)年将軍藤原頼経の命により,源親行のあとを受けて親行本など数本により『万葉集』を校訂し,さらに無点歌にいわゆる仙覚新点を加える。建長5(1253)年新点歌と『仙覚律師奏覧状』とが後嵯峨上皇に献上された。その後も諸本を博捜して校訂が続けられ,寛元本のほか,宗尊親王に献上された文永2年本や文永3年本などがある。文永6(1269)年武蔵国で『万葉集註釈』10巻を完成。仙覚の校訂・注釈は『万葉集』研究史上画期的な業績であり,江戸時代に契沖が現れるまでの最大の万葉学者であった。歌人としても『続古今集』以下に4首入集するほか,鎌倉歌壇で活躍,『新和歌集』『東撰和歌六帖』に入集。

(田渕句美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せんがく【仙覚】

1203(建仁3)‐?
鎌倉時代の僧,権律師。宗門は天台宗か。優れた万葉学者として知られた。常陸国の生れと思われるが,主として鎌倉に住み,また武蔵国比企郡にいたこともある。1272年(文永9)まで生存していたことはわかるが,没年は不明。彼の万葉集研究は,(1)本文の校定,(2)訓点,(3)注釈に分かれる。(1)1246年(寛元4)彼が44歳のときの寛元本と,66年(文永3)64歳のときの文永本との2回にわたり,後者は前回に見られなかった諸本をも校合(きようごう)して正確度を増し,現存の完本は皆この両本から出ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せんがく【仙覚】

1203~?) 鎌倉時代の天台宗の僧。常陸ひたちの人。初めて万葉集の本格的校訂を行い、また従来の無点歌百数十首に新点を試み、古典研究の方法的基礎を確立した。著「万葉集註釈」(「仙覚抄」)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仙覚
せんがく
(1203―?)

鎌倉時代の万葉学者。常陸(ひたち)国(茨城県)に生まれ、関東に住む。1272年(文永9)に70歳で生存していた。天台宗の僧であったらしい。13歳で『万葉集』の研究に志し、中世の万葉研究を大成した。おもな業績は次の4点に要約される。(1)校訂本の作成。(2)前記(1)によって従来の無訓歌152首を抄出し訓点(新点)を加えた。ここで『万葉集』の歌はすべて訓がつけられた。(3)『万葉集註釈(ちゅうしゃく)』10巻(仙覚抄とも)を撰(せん)し800首余りを注釈した。(4)書名、時代、撰者、用字などの考証的研究((3)の巻第一および仙覚奏覧状)。その研究は平安時代以来の基礎的な面を継承しつつも、文献を重んずる厳正な実証性に貫かれ、学問研究の名に値する画期的なものであり、近世の契沖(けいちゅう)らに大きな影響を与えた。[橋本達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仙覚の関連キーワード長野清良釈迢空行蓮玄覚寂印深恵珍誉仁澄鑁也良円(4)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone