コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄貞 げんてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玄貞 げんてい

?-? 江戸時代前期-中期の僧。
浄土真宗。学僧として知られ,延宝5年(1677)に「善悪因果経鼓吹(くすい)」を出版するなど,真宗や浄土宗典籍の注釈書をおおくあらわした。俗姓は藤井。字(あざな)は懐閑,貞阿。号は帰西子。著作に「正信偈(しょうしんげ)本義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

玄貞の関連キーワード岡野井玄貞国造塵隠澄一道亮久保季茲渋川春海浄土真宗韋氏中期

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android