コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄路統玄 げんろ とうげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玄路統玄 げんろ-とうげん

?-? 南北朝時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。明峰素哲(めいほう-そてつ)の法をつぐ。のち加賀(石川県)永安寺をひらき,師の明峰をまねいて開山(かいさん)とした。観応(かんのう)元=正平(しょうへい)5年(1350)病気の師を看病したという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

玄路統玄の関連キーワード南北朝時代宝山宗珍曹洞

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android