玉井 正夫(読み)タマイ マサオ

20世紀日本人名事典の解説

玉井 正夫
タマイ マサオ

昭和・平成期の映画撮影監督



生年
明治41(1908)年10月3日

没年
平成9(1997)年5月26日

出生地
愛媛県松山市

学歴〔年〕
大阪写真塾〔大正13年〕卒

主な受賞名〔年〕
毎日映画コンクール撮影賞〔昭和26年〕「めし

経歴
大正13年帝国キネマ小坂撮影所入社。昭和3年市川右太衛門プロダクションに移り、「野獣」で映画カメラマンとしてデビュー。10年JOスタジオ(現・東宝)に移るが、42年退社して、以後はフリーで活躍。一方、昭和8年日本カメラマン協会(現・日本映画撮影監督協会)を設立。また、第一光映社を設立、主宰。手がけた作品に成瀬巳喜男監督「めし」「」「山の音」「晩菊」「浮雲」「流れる」や、溝口健二監督「武蔵野夫人」、松山善三監督「名もなく貧しく美しく」、「沼津兵学校」「怒りの街」他多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

玉井 正夫 (たまい まさお)

生年月日:1908年10月3日
昭和時代;平成時代の映画カメラマン
1997年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android