コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉川文楽 たまがわ ぶんらく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉川文楽 たまがわ-ぶんらく

?-1927 明治-昭和時代前期の写し絵師。
玉川文蝶の弟子。享和のころ池田都楽(とらく)がはじめた写し絵(幻灯)を改良して昭和初期までつたえる。怪談物を上演する際,みずから台詞(せりふ)をかたり評判になった。昭和2年死去。本姓は薫森。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

玉川文楽の関連キーワード島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎芥川龍之介

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android