コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉心花 ギョクシンカ

デジタル大辞泉の解説

ぎょくしん‐か〔‐クワ〕【玉心花】

アカネ科の常緑低木。高さ1~3メートル。葉は長楕円形で、春から夏にかけて白色の小花を散房状につける。日本では九州南部から沖縄に分布。近縁シマギョクシンカ小笠原諸島固有種

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

玉心花 (ギョクシンカ)

学名:Tarenna gyokushinkwa
植物。アカネ科の常緑小低木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android