玉整理(読み)ギョクセイリ

大辞林 第三版の解説

ぎょくせいり【玉整理】

信用取引・清算取引で、売買が多くなったところで、売り玉が買い戻され、買い玉が転売されて、思惑的な玉が整理されること。 → ぎよく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎょく‐せいり【玉整理】

〘名〙 信用取引や清算取引で売買がふえて相場の動きがにぶくなったとき、転売、買戻しなどによって取組みが整理されること。〔商業経済辞典(1938)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の玉整理の言及

【取引所】より

…一方,反対に相場の流れに従って売買することを〈順張り〉という。 玉(ぎよく)整理信用取引による売買が増大して相場の動きが鈍くなると,買方が手じまってくるため買残高が減少する。これを〈玉整理〉または単に〈整理〉という。…

※「玉整理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android