玉椿 憲太郎(読み)タマツバキ ケンタロウ

20世紀日本人名事典の解説

玉椿 憲太郎
タマツバキ ケンタロウ

明治・大正期の力士(関脇)



生年
明治16(1883)年11月10日

没年
昭和3(1928)年9月19日

出生地
富山県中新川郡下条村

本名
森野 健治郎

別名
年寄名=白玉

経歴
明治29年雷門に入門、19歳で幕内に昇進。30年1月初土俵。36年5月新入幕。159センチと小兵でありながら相手の胸に頭をつけてしぶとく食い下がる相撲で「ダニ」の異名をとり、関脇4場所、小結7場所務めた。大正5年1月引退後は年寄を務めると同時に目白に相撲道場をつくり、一般の学生や青少年を指導した。幕内在位26場所、80勝79敗33分16預。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android