コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉縁笠 タマブチガサ

デジタル大辞泉の解説

たまぶち‐がさ【玉縁×笠】

江戸時代、万治年間(1658~1661)のころから流行した婦人用の一文字笠。縁が美しく編んであったところからの名という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たまぶちがさ【玉縁笠】

万治年間(1658~1661)に流行した主に婦人用の編み笠。革で美しい縁どりをしたものとも、縁を美しく編んだものともいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

玉縁笠の関連キーワード江戸時代編み笠

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android