コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉縁笠 タマブチガサ

デジタル大辞泉の解説

たまぶち‐がさ【玉縁×笠】

江戸時代、万治年間(1658~1661)のころから流行した婦人用の一文字笠。縁が美しく編んであったところからの名という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たまぶちがさ【玉縁笠】

万治年間(1658~1661)に流行した主に婦人用の編み笠。革で美しい縁どりをしたものとも、縁を美しく編んだものともいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

玉縁笠の関連キーワード副市町村長ソテルアウラングゼーブ伊藤出羽掾小野善助(初代)山村松庵渡辺銅意アウラングゼーブスコーネ滑り唄