コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一文字笠 イチモンジガサ

2件 の用語解説(一文字笠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いちもんじ‐がさ【一文字×笠】

江戸時代の編み笠の一。菅(すげ)または竹の皮で円形に編んで二つ折りにしたものが頂が一の文字のように平らになる。踊りなどに用いた。
平たい円板状の編み笠。武士が旅行や行列の際に用いた。殿中(でんちゅう)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちもんじがさ【一文字笠】

すげや竹の皮を円板状に編んで二つ折りにした編み笠。二つに折ると、頂が一文字になる。門付かどづけの女芸人などが用いた。一文字。
高さが低く、平たい編み笠。武士が旅や行列をする時にかぶった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一文字笠の関連情報