コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一文字笠 イチモンジガサ

デジタル大辞泉の解説

いちもんじ‐がさ【一文字×笠】

江戸時代の編み笠の一。菅(すげ)または竹の皮で円形に編んで二つ折りにしたものが頂が一の文字のように平らになる。踊りなどに用いた。
平たい円板状の編み笠。武士が旅行や行列の際に用いた。殿中(でんちゅう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちもんじがさ【一文字笠】

すげや竹の皮を円板状に編んで二つ折りにした編み笠。二つに折ると、頂が一文字になる。門付かどづけの女芸人などが用いた。一文字。
高さが低く、平たい編み笠。武士が旅や行列をする時にかぶった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一文字笠の関連キーワード御田祭[吉良川]天津司舞鳥毛打ち菅一文字二つ折り玉縁笠菅笠踊一文字覆面陣笠

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android