コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉鏡 たまかがみ

大辞林 第三版の解説

たまかがみ【玉鏡】

玉でつくった鏡。美しい鏡。
副詞的に用いて、みがきたてた鏡のように澄んでいるさま、よごれがないさまのたとえ。 「 -をかけて一念の疑滞なし/著聞 2」 「檜皮かはらを-とみがき立て/発心 5

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

玉鏡の関連情報