コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉露叢 ぎょくろそう

1件 の用語解説(玉露叢の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょくろそう【玉露叢】

雑史。著者不詳。林羅山あるいは林鵞峰著とする説があるが,確かではない。1674年(延宝2)の自序によれば,著者若年よりの見聞を得るにしたがって,日次記(ひなみき)のように書きつけたという。1598年(慶長3)豊臣秀吉病気のことより始まり,1681年2月までの幕府の事歴,市井の風聞,京都公家・寺社,軍役,参勤などに及び一種の編年史である。中でも,大坂夏の陣,1626年(寛永3),34年の家光上洛,1630年明正天皇即位,36年朝鮮人来朝,37年島原一揆の記事などは詳しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

玉露叢の関連キーワード春斎女大学本朝通鑑道春北条九代記出雲寺和泉掾(初代)伊庭春貞辻端亭林三陽

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉露叢の関連情報