玉露叢(読み)ぎょくろそう

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょくろそう【玉露叢】

雑史。著者不詳。林羅山あるいは林鵞峰著とする説があるが,確かではない。1674年(延宝2)の自序によれば,著者若年よりの見聞を得るにしたがって,日次記(ひなみき)のように書きつけたという。1598年(慶長3)豊臣秀吉病気のことより始まり,1681年2月までの幕府の事歴市井風聞,京都公家・寺社,軍役参勤などに及び一種の編年史である。中でも,大坂夏の陣,1626年(寛永3),34年の家光上洛,1630年明正天皇即位,36年朝鮮人来朝,37年島原一揆の記事などは詳しい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android