コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王の鏡 おうのかがみ Konungsskuggsjá

1件 の用語解説(王の鏡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おうのかがみ【王の鏡 Konungsskuggsjá】

中世ノルウェーの道徳書。作者不明,1240‐63年ごろの成立。神が天を支配するように王は地上を治め裁くというアウグスティヌスの王の理想を示す。賢明な父から子が助言をあおぐという問答形式をとり,内容は〈序〉〈商人〉〈王の家臣〉〈王〉からなる。このほか学者と農夫を加え,すべての階級の道徳を説く計画であったらしい。文化史的にみて興味深い記述も多く,貴重な史料である。【谷口 幸男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

王の鏡の関連キーワードノルウェー語北海オーレノルウェー・クローネノルウェジアン・エルクハウンドノルウェジアン・パフィン・ドッグノルウェジアン・ブーフントノルウェージャン・フォレスト・キャットブラック・ノルウェジアン・エルクハウンドヘリーハンセン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone