コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王孝通 おうこうつうWáng Xiào tōng

世界大百科事典 第2版の解説

おうこうつう【王孝通 Wáng Xiào tōng】

中国,唐初の武徳年間(618‐626)の算暦博士で,太史丞となった数学者。生没年不詳。著書に《算経十書》の一つ《緝古算経(しゆうこさんけい)》がある。問題は全部で20術収められており,そのうちの19術までが開帯従立方法(三次方程式の正根を求める方法)を利用して,堤防などの体積を求める問題,および複雑な勾股(こうこ)問題(直角三角形におけるピタゴラスの定理の応用)を解く方法を説いたものであり,三次方程式を解いた最古の数学書である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

王孝通の関連キーワード李淵太宗(唐)高祖[唐]太宗[唐]雅楽李淵フィボナッチ数列中国音楽李世民成王

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android