コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

算経十書 さんけいじっしょ Suan-jing shi-shu

3件 の用語解説(算経十書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

算経十書
さんけいじっしょ
Suan-jing shi-shu

中国,古代の数学書十種。『周髀算経』『九章算術』『海島算経』『孫子算経』『五曹算経』『夏侯陽算経』『張邱建算経』『五経算術』『緝古算経』『数術記遺』をいう。唐代の官僚や庶民の子弟を集めて数学を教える学校 (「算学」といった) で教科書として使用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんけいじっしょ【算経十書 Suàn jīng shí shū】

中国の古典数学書の総称。唐代には数学者を養成する学校〈算学〉が設けられ,学生を2班に分け教授が行われた。第1班は《九章算術》《海島算経》《孫子算経》《五曹算経》《張邱建算経》《夏侯陽算経》《周髀算経》《五経算術》を,第2班では《綴術(てつじゆつ)》《緝古算経》を教科書とし,《数術記遺》《三等数》を兼習した。兼習を除く10種の数学書が《算経十書》と呼ばれた。唐の王孝通が著した《緝古算経》を除いて,他はいずれも唐以前の古算書である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

算経十書
さんけいじっしょ

中国古代の数学書で今日現存するものが10種類あり、これを算経十書と称する。すなわち『周髀算経(しゅうひさんけい)』『九章算術』『海島算経』『孫子算経』『五曹(ごそう)算経』『夏侯陽算経』『張邱建(ちょうきゅうけん)算経』『五経算術』『緝古(しゅうこ)算経』に『綴術(てつじゅつ)』を加えたものである。このうち『綴術』は古くから亡失し、そのかわりに『数術記遺』を加えて算経十書と称している。この十書は唐代には国学においてテキストとして用いられたものである。このうち『海島算経』は『九章算術』の句股(こうこ)章(直角三角形の性質を使う計算)の拡張であり、『五経算術』『五曹算術』は小著でいうに足りない。『夏侯陽算経』は残欠である。したがって、このうち重要なものは『孫子算経』と『張邱建算経』で、この二つは『九章算術』に比べてやや初歩的であるが、よくまとまっている。この両書は正編、続編の関係にある。『緝古算経』は唐代の著で、もっとも新しく、三次方程式を取り扱っている。[大矢真一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

算経十書の関連キーワード九章算術羅士琳高等数学初等数学方程IMU森毅数学の日笑わない数学者/MATHEMATICAL GOODBYEカジョリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone