コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王宮の花火の音楽

デジタル大辞泉プラスの解説

王宮の花火の音楽

ドイツ生まれのイギリスの作曲家ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルの管弦楽用組曲(1749)。原題《Royal Fireworks Music》。オーストリア継承戦争の終結に際して開かれたアーヘンの和約を祝して作曲された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

おうきゅうのはなびのおんがく〔ワウキユウのはなびのオンガク〕【王宮の花火の音楽】

《原題、Royal Fireworks Musicヘンデルの管弦楽組曲。全5楽章。1749年作曲。オーストリア継承戦争の終結に際するアーヘンの和約の祝賀行事のための作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

王宮の花火の音楽の関連キーワードハミルトン ハーティグリーンパークエルヴェ ニケ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

王宮の花火の音楽の関連情報