王家衛(読み)ウォンカーウァイ

百科事典マイペディアの解説

王家衛【ウォンカーウァイ】

中国の映画監督。上海生れ。5歳の時香港に移住。香港理工学院卒業後,テレビ界を経て脚本家となる。《いますぐ抱きしめたい》(1988年)で監督デビュー。1960年代の香港の若者群像を描いた第2作《欲望の翼》(1990年)が,独特の語り口と,クリストファー・ドイルの撮影によるスローモーションや手持ちカメラを用いた躍動感あふれる映像で注目を集める。続く《恋する惑星》(1994年)はQ.タランティーノが絶賛し,1990年代の最も注目される監督の一人となった。他に《楽園の瑕》(1995年),《天使の涙》(1995年),《ブエノスアイレス》(1997年)などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

王家衛の関連情報