コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王殺し おうごろし regicide

翻訳|regicide

1件 の用語解説(王殺しの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王殺し
おうごろし
regicide

王が病気,老齢などでその生命力が衰えたとき,伝統的に決められた強制死や自殺で死を余儀なくされること。王の多くは「神なる王」の性格を有し,降雨,季節の運行などの自然を支配し,土地の肥沃に責任があり,災害を防いで国土の豊穣と人々の繁栄に重大な影響力をもつと考えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の王殺しの言及

【王】より

…死をかけたトーナメントであって,残酷なやり方だが,ここには,祖先の栄光ある力に最も近似した力をもつ者こそ,この祖先の力を実現できる者,という考え方が秘められている。 またフレーザーの《金枝篇》でひじょうに有名になった〈王殺し〉慣習もある。これは,王が自然死を待つことなく,人為的に死を迎えなければならぬという慣習で,未開社会に数多く見られる。…

【殺人】より

…また双子の誕生は異常な現象として天変地異の誘因になるものと恐れられ,その殺害が正当なものとされる場合も少なくない。またかつてJ.フレーザーが注目した〈王殺し〉の慣習も,殺人を正当化・義務化するものである。王国の生命力の象徴とされた王は,肉体的・精神的衰弱が許されなかった。…

【支配】より

…超自然的存在の傀儡(かいらい)ともいうべきものだからである。それは〈王殺し〉という慣習によく示されている。王が王国を創設した初代王の英雄的な力を身体に宿さなければならぬ以上,みずからもまたつねに若く強くなければならない。…

【シルック族】より

…この際,ニイカングを体内に宿らせる王は,自らニイカングの理想的な知力,体力,武力を持っていることを要求される。したがって老いて衰えることなどは許されず,もしそうなれば,J.G.フレーザーが《金枝篇》で述べたような〈王殺し〉が行われ,次の継承者が選ばれる。こうしてシルック王国は常に創設時の栄光ある国力を持続すると考えるのである。…

※「王殺し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

王殺しの関連キーワード虚労消長衰弱生命力頽齢弱る老病翳み目陽証ひよりみ(日和見)感染

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

王殺しの関連情報